忍者ブログ

気象予報士のお勉強

気象予報士一発合格目指して、メモ代わりに書いていきます。

カテゴリー「雑談」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


試験まであと四日!

残る過去問、平成25年1回専門をやってみました。

結果は73%。

直前になってもボーダーギリギリです。

過去問はいくらやってもなかなかいい点数をとるのは難しい。
むしろいい点数・合格レベルというのはほとんど無理なのかもしれない。
たまに問題が簡単な回があるけどそんなものを期待して受験するものではない。

ちなみに今回の問題で、消去法的に正解できたものを除くと、

正解率=40%

となる。もし選択肢がすべての小設問を正しく知らないと正解できないような「意地悪」な設定となっていた場合、上記の40%、確実に不合格と言うことになる。
実際そのような問題を作ることは可能だが、そのような選択肢にしてしまうと選択肢を見るだけである程度絞り込むことが出来てしまう。

従って、消去法的に答えられる問題をいかに増やすか?
ということが自分にとって重要であり、そのためには幅広く且つ正確に覚えておく必要がある。

ただこの時点で幅を広げるのはすでに手遅れ。
それよりは今まで学習してきたことを何度も復習して確実に覚えた方がいいだろう。

この手法が最も有効なのは法規問題。確実に4問出題される上に完全な新規問題は滅多に出題されることはないので、法規は確実にやったほうがいい。

以上をまとめると、
・幅を広げるより、今までの知識を確実なものにすること
・法規を確実に覚えること

それ以外にも数式問題はあると思うけど、自分の場合はほぼ問題ないだろうと思っている。
(今日はコストロス問題で×だったけど)
だって理系出身だからw
もっと数式問題を出して欲しいけど、予報士試験は少ないからね。。
ただ自分の場合は、問題が解けてもケアレスミスをすることが良くある。
学生の頃だったらサクサクと解けていたはずなのに、その感覚で解いているとうっかりミスをやっている。

例えば4乗根。学生の頃は体に染みついていたものだからほとんど「感覚で」計算していたりするんだけど、そのノリですご~い久しぶりにやったらあっさりと間違えていた。
4の4乗根=2の3乗根
そんなわけないんだけど、なぜかやってしまった^^;
(しかも問題に2の3乗根が出ていたものだからつい・・・)

しかも衝撃的だったのが、二次方程式の解の公式を忘れていた!!
ウン十回、いやそれ以上使ったことがあるけど、何年も経つとすっかり忘れてしまう。
理系出身なのに恥ずかしい限りです。。
(気象庁の人でも数値計算とかやってない人は忘れてますよw

それはさておき、大学生の頃は得意だった計算問題・数学が中学生レベルにまで落ちていることを自覚し、本番では確実に計算、そして検算することでケアレスミスを防ぐしかないと思います。

理系じゃない人向けにアドバイスをすると、計算問題でケアレスミスを防ぐ方法の一つは数値だけで計算するのではなく、単位も一緒に計算することですね。
例えば、風速10m/sでAからBまでの100kmの間で移流があった。Aの気流がBに到達するのは何時間後か?
距離÷速さ=時間
はいいけど、そのまま
100÷10=10
にしてしまうといけないので、単位も一緒に式に書く。
100[km]÷10×1000/3600[km/h]=?[h]
とう感じで。(実際紙に書くときはこんな風には書きません)

・・・誰も見ていないブログなのでこれ以上は書きませんけど:-)

ということで計算問題には自信があるけど、試験でまともな計算問題は2~3問くらい。
理系人間にとってはあまり嬉しくないけど、逆に言えば点数を確実に取れるところであり、変なミスなどしてはならないところ。

ということで、
・取れるところは確実に取る(法規、計算問題)
・確実な知識を増やすことで消去法的に正解を増やす
というところでしょうか。

従って今後の学習は、
・過去問で間違えたところの総復習
・これまでまとめてきた学習メモ(暇になったら公開予定)で何度も暗記
・参考書で苦手なところを読む

もうそれくらいかな。

拍手[0回]

PR

あと一週間!

勉強が追いつかない。ボーダーに乗っかるかどうかのレベルで受験することになりそうだ。

最近の過去問での成績。(一般、専門の順番。%表示)
22年 1回 93 93(※)
22年2回 80(※) 80(※)
23年1回 60 60
23年2回 80 73
24年1回 47 67
24年1回再 67 100
24年2回 60 60
25年1回 80

(※)は誤った問題を再試験して理解しているものを正解とした

※以上の成績はまぐれ当たりを除く(正誤問題で二者択一になった場合、正解がわからない場合は不正解)
※消去法的に正解したものは正解に。
※ケアレスミスは不正解

どうだろうか?このままだと科目すら不合格になる確率の方が高い。

ただ上記のように、
・まぐれ当たり(二者択一にまで正解を絞り、50%の確率で正解を選ぶ)
・ケアレスミスを防ぐ
というところがあればギリギリ合格レベルに入りそうな気はする。
再試験をすると80%以上の正解率になることが証明していると思う。
(再試験前は50~60%程度だった)

本音レベルの実力は60%程度。
選択式問題によるマジックと不注意を防ぐ解答の再確認という作業でどれだけゲタをはかせてもらえるか?
あと2問の正解。これができるかどうかで合否が決まる感じだ。
その正解率を高めるにはあと一週間は短い。あともう一週間、いやあと一ヶ月は欲しいなぁ。

ただ気になったのは、一般科目は3回に一度簡単な問題が出題されているように感じる
(他の人はどう思うかわからないが)
25年第一回が簡単だったから(実際ケアレスミスがなければ93%だった)、今回の一般科目は難しいと思う。受験タイミングが一番悪かったな。。

もし今回の結果が専門のみの科目合格だったら、次回の受験は平成26年第2回試験にしよう(笑)

そのときは実技も含めて合格を目指す!

もちろん、科目合格すらしなかったらしばらく受験しない。
ということは、今年の夏は受験しない、しなくてもいい、試験勉強しなくてもいい、っていうことだ!(笑)

拍手[0回]


過去問で初の全問正解!しかし・・・

第38回再試験の専門で全問正解できた!
けどこの回の問題、正誤問題が多いし、過去問の寄せ集めだし、選択肢も消去法的に決まるものばかりだったので、高得点だった人が多いのではないかな?

しかし問題なのは最近の学科一般。
第38回再試験・一般・・・67%
第39回一般・・・60%
数週間前と結果がほとんど変わらない。これはまずいんじゃないのか?

過去問をやっていて思うけど、自分が苦手・よく理解していない、というところをうまく出題しているような気がする。だって試験を作っている人達は個々の問題の正解率を知っているはずだからね。成績の悪そうな問題を形を変えて出しているような気がする。

平成15年からの過去問で自分が正解・理解した問題の平均値をとると実は72%だったりする。
逆に言えば理解できていない・正解できない問題が28%もあるわけで、それじゃボーダーラインを越える事なんて難しい。

予報士試験は過去と全く同じ問題は絶対に出題しないけど、過去問の形を変えたり、ちょっとひねったりと、過去問を8割くらい理解していれば7割くらいは正解できるくらいの過去問依存度があると思う。

それじゃ9割理解していれば8割か?と言われたら、それほど綺麗な線形性はないなので7割5分くらいだろう。やっと合格安全圏に入れることになる。

もちろんこれは「感覚的な」統計的な数値だが、過去問の数が結構あるので信頼度は低くないと思う。つまり、多少の運はあるかもしれないが現実的な線ではないかと思う。

と言う仮定が正しければ、今の実力ではまだ合格できない!ということになる。

結構頑張ってきたつもりだけどなかなかボーダーを越えられないな・・
個々の問題はそれほど難しくないけど、ひねった問題が多いし、とにかく必要とされる知識の範囲が広いのでなかなかベースとなる実力を上げるのが難しい。

例えば対流混合層は何となくわかっていたつもりだけど、最近の過去問で一様な物理量は何か?って聞かれると解けなかった。「対流混合層」だから対流を起こしている「不安定な」気層かと思いきや、「対流でよく混合された層」だと言うことがわかれば難しくない。まだそういう基礎的なところが怪しい。

あと二週間でボーダーを越えることが出来るだろうか?

現在目標にしているのは過去問の正解率(理解率)90%以上。
しかしそこまでの時間はもう無い。
自分を追い込む意味で受験申請したけどちょっと早かったか?

とにかく学習の絶対量が不足している。
やるべきことをまとめると、
・過去問の理解度を90%に上げる
・一般気象学をもう一度通読する
・試験対策用の参考書を通読
これをやれば合格できる自信がつくけど、あと二週間では無理だ!!
(会社休めば出来るけど:-)

今回はちょっと厳しいorz

拍手[0回]


21回目に合格!?

試験勉強をしていると余計なところに目が奪われる・・・

http://blog.goo.ne.jp/kamii05/e/b75446e275b8eee0c03c7483a67c9b86
こちらの情報によると、21回目で合格した人がいるとか。
何がそこまで支えてくれたのだろうか?

私だったら途中で心が折れてしまうなぁ。
恐らく3回受験して合格できなかったらしばらく受験しないと思う。
(つまり免除特典が切れたらやる気なし)

私の場合は気軽に趣味で始めたものだから、資格取得自体に意味はなく、専門的理解がある程度できるようになれば満足できる。
時間とやる気が湧いたら再度チャレンジすればいいと思うし、何が何でも(高い受験料を払って)取得したいという動機が自分にはない。むしろ予報士は受験せずに諦めようと思ったが、ここまで勉強したのだから時間の許す範囲で「何が何でも」取得したいという気持ちはある。


しかし、先ほどのブログの方も現時点で19回受験されたとか(!!)。
しかもまだ学科一般のみの合格だけで、まだ続けるんだとか…
すごいな~と思ったら資格マニアなんですね^^;

資格マニアの動機は
・知識・技術の幅を広げたい
・資格自慢ができる
とかそんなところだと思うが、私にもそういうところはないわけではないので気持ちはわかる。ほかにやることがなければ私も資格マニアに走る可能性はある(笑)

しかし19回も受験し続けられる動機はどこにあるんだろう?
予報士なんて予報する業務につかない限り意味はないし、専門天気図などを見て天気を予測したって気象庁が発表する天気予報にはかなわないし・・・
それにお天気キャスターが持っている資格、程度の一般的な認識しかない資格を持っていたって大した自慢にならないだろう(笑)

逆に
「頭悪そうなおねぇちゃんが持っているのに19回受験しても取れないあなたは・・」
と却ってマイナスイメージになるんじゃなかろうか?(笑)


それからこのブログの方の意見が科目合格の受験料を下げたかもしれない。
というのが本当だとしたらそれはすごい。
けど、高々二千円の違いだし・・・20回も受験するなら結構な額になるけど、それよりそのためにかけた教材・講座にかけた費用と時間を考えると微々たるものじゃないだろうか?
何かの保険料みたいに過去の受験回数に応じて値引きし、最大50%オフっていうのはどうだろうか?なんていう話は某センター内でもあっただろう。。


などと他人のことはどうでもいい。
目指すは0.5%と言われる一発合格、最低でも3回受験で合格。
できなければ予報士からしばらく離れます。
だって資格マニアではないですから^^


拍手[0回]


資格難易度ランキング

試験勉強を始めると余計なところに気が行ってしまう。

http://matometyan.seesaa.net/article/381158199.html

気象予報士はこの中で57というところにランクイン。

ちなみに私が取得している資格はこの中で、
高度情報処理、一陸技、電験3種、電気通信主任技術者など。
資格マニアというわけではないが、一応私の専門分野なので取得したまで。それも遙か昔の学生時代に。

ソースが2chなので信憑性が高くないにしろ、予報士のレベルはそれくらいなのかも?
と勉強をすればするほど感じる。
同じレベルの電験3種、電気通信主任技術者は専門分野といえども、それなりに勉強しないと合格は難しかった(どちらも一発合格でしたが)。
予報士に関しては高校一年程度の地学知識しかなかった私なので、なおさら難しいはず。

予報士の勉強を始めた頃は、先ほどのランキングで言えば52~53くらいのレベルじゃねぇ?
くらいの感覚だった。

そんなに甘くはなかったorz


拍手[0回]


09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[01/25 Hiro]
[01/24 すいだらぼう]
[01/16 Hiro]
[07/18 すいだらぼう]
[07/05 すいだらぼう]
HN:
Hiro
性別:
非公開
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- 気象予報士のお勉強 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ