忍者ブログ

気象予報士のお勉強

気象予報士一発合格目指して、メモ代わりに書いていきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


厚木の気象・冬編

今日は冬型にもかかわらず、快晴ではなく、積雲が所々見られる天気でした。
「なぜ積雲が出てくるのか?」
っていう疑問がありますが、初心者の私が推測すると、今は山雪型であり、強い季節風で湿潤な空気が流れてきたのではないかと・・・。
冬型になると関東ではあまり雲を見ることが出来ませんが、今日は雲の流れを観測することができました。

厚木は神奈川県の中央にある都市ですが、すぐ近くの西側には大 山という標高約1,200mというこのあたりでは存在感のある山があります。その先は、丹沢山(約1,500m)、さらに先には富士山など高い 山々が連なっています。

その上空の雲の流れを見ていると、北から流れている雲と西から流れている雲があります。
北側(正確には北北西~西北西)から流れてくる雲は日本海側からの季節風で流されている雲ですが、西から流れてくる雲は、どういう雲なのかはわかりませんが、神奈川の西にある山を避けて流れている雲のように見えます。上空ではそんな感じですが、地上風はというと、南風が吹いたり、西風が吹いたり・・近くにビルが多いので支配的な風がどれであるのかわかりませんが、少なくとも上空の雲の流れとは異なる風の流れをしています。
風向きの異なる大気がぶつかると上昇気流が発生したり・・・というのが一般的なりくつですが、そういう様子はありませんでした(なぜでしょうね~)。相模川があるのでそれと関係しているのではないかと思っているのですが、今のところ何とも言えません。

先週、関東で雪が降りましたが、必ずしも関東全域で雪が降ったわけではなく、厚木より少し西の伊勢原などでは雪が降らなかったらしいです。ほかにも、相模川を境に厚木では雪がないけど、それより東京側は雪が積もっている、っていう状況があったようです。

先ほどの雲の流れの話を含めて考えると、厚木は関東の中でも特異的な場所なのかもしれません。
勉強不足なのでどういう仕組みでこうなっているのかっていう結論は出せませんが、地形的な要因が大きいだろうと思います。

関東で厚木と似た地形的なところは、八王子、秩父などありますが、そのあたりも一般的な関東の天気とは少し違っているのではないかと思います。(八王子は実際ちょっと違う・・・冬の到来が一足早いですよね)

ネットで調べればもっと詳しい情報があると思って探してみましたが、今のところ見つけることが出来ていません。

気象予報士は総観スケールでの気象しか扱っていませんが、もう少しローカルな気象を勉強した方がいいですね。

参考までに、撮影した雲。

北側から流れてくる雲。

北側から流れる雲








西から流れてくる雲。

DSC01102.JPG









拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[01/25 Hiro]
[01/24 すいだらぼう]
[01/16 Hiro]
[07/18 すいだらぼう]
[07/05 すいだらぼう]
HN:
Hiro
性別:
非公開
<<天気図・衛星画像の取得・表示プログラム - 進捗状況  | HOME |  疑問:発達期の温帯低気圧のジェット気流の流れ>>
Copyright ©  -- 気象予報士のお勉強 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ